スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 少年H

読書感想文を書くというのは、自分の成長を知る上でとてもよい方法だそうです(^O^)
読書感想を書いた数年後に、同じ本を読みまた読書感想を書いてみる。
それを読み比べると、自分の成長を感じ取れるのだそうです。

ということで、本を読んでみました!


『少年H』 妹尾河童

妹尾河童さんの自伝小説です。
第二次世界大戦を懸命に生き抜いた少年時代の体験が書かれています。

ネタばれOKでしたら、続きをどうぞ…
すごく良かったです!

この本を貸してくださったナオコさんに感謝です(>_<)

戦争ものは、ちょっと抵抗があったので今までは読んでなかったのですが。。。

少年Hの「H」は妹尾河童さんのニックネームです。
Hを通して見る戦争は、今まで見た映画なんかとは全然違ってました。
暗い戦争の中にも、一生懸命生きてる少年がすごく輝いて見えました。
お小遣いを稼ぐために、友達相手に商売する所は読んでて勉強になりましたよ。
空襲の場面は、本当に読んでて辛かったですけど。
米軍の飛行機がHを追跡して上から撃ってきた事を、うさぎを狩るような感覚だったんだろうとありました。
家族との絆、とくに父親との絆の深さを強く感じましたね。
教科書なんかには載ってないコトもいっぱい知ることも出来ました。
学校にあった二宮金次郎の銅像は、ほとんどが鉄砲の弾に変えられた事や、戦争が始まった途端新聞から天気予報の欄が無くなってしまったこと(敵に情報を漏らさないため)など。他にもたくさん(記憶力の乏しい私はこれが限界…)。
それにしても、Hの行動力には本当に驚きでした!
米兵士の絵を描いて食料を稼いだり、学校に無断で住み込んだり。。。
現代に生きる私にはない逞しさがありました。

妹尾さんの別の本も、いつか読んでみたいです(^-^)
スポンサーサイト
22:19 | 本・映画
comment(2)     -
comments
みゆさん♪
「少年H」・・・本屋さんで表紙だけ見かけたことある(^^;
みゆの読書はブログに生きてると思うよ☆
まだまだ読書にハマれないのは心の余裕が無いのか、先天性か・・・( ̄▽ ̄;)
しばらくはみゆのブログを読書します☆

お豆が帰ってきたら、カンチャンの『人見知り』防止対策で、ちょこちょこ遊び行こネ!

明日、残業がんばってね(^о^)/"
2007/03/22 00:45 | | edit posted by ゆうこ☆
>ゆうこ☆ちゃん
誤字脱字があったら、すぐに教えてー(>д<)
よく間違えて恥ずかしい思いをしているので…
いつもブログを見てくれてるので、すごく嬉しいです(*´∇`*)
かんちゃんの「人見知り」じゃなくて、お豆ちゃんの「対人恐怖症」対策で、ちょこちょこ会いに行かないといけないと思われます!!
1週間会社を休んだだけで「会社でみんなに会うの緊張する~(T_T)」と言ってたくらいですから…。
2007/03/22 23:38 | | edit posted by みゆ
comment posting














 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。